小さなじゅもん

こたきくんとか、ゆうまくんとか

"神様"を見つけてしまったみたいだ

 

今だから言うけど私は今回のツアーは横アリしか入るつもりがなかったので、京セラを見届けて横アリを終えたら小瀧くんを降りようって思ってたし、そう決めてた。

別に他に応援したい子が出来た訳じゃなくて、小瀧くんのことどうでもいいやってなった訳でもなくて、でもなんかただ、もう降りた頃みたいな熱量にはならないだろうなって気付いてしまったし、もう小瀧くんは大丈夫だろうなって思ったから。担当として、その距離で小瀧くんのことを見ていなくても、大丈夫だって。きっと頑張って追い掛けなくても、私の知らない場所でも、もう心配することなんてないなあって。そういうところに行ってくれたなあって。

だから小瀧くんを降りて、これからは担当云々関係なく自分が行きたいと思う現場に行くスタンスでジャニオタやってこうって思ってた。オタク自体は辞められないけど、もう小瀧担としているのは辞めようって。

 

でもね、京セラで半年振りくらいに現場で小瀧くんを見たらね、ずるいけど、ほんとにずるいんだけど、まだ辞められないなあ、辞めたくないなあって思ってしまって。現場がない期間、小瀧くんのこと降りようって考えてた時は、きっとそれでもどっかで小瀧くんのことずっと好きでいたいって思ってた。自分でもそう思ってることに気付いてた。でもずっと好きでいたいっていうのは、ずっと好きでいるっていうのとはたぶん違くて、好きでいたいから好きでいるみたいなのが、どこかで嫌だったんだなあ、私は。でもね、京セラで小瀧くんの顔見たら、あ、私好きじゃんって。小瀧くんのこと好きでいたかったんじゃなくて、好きだったんだって。そういう自分に気付いた。だからまだ降りないって決めた。まだ私の中にちゃんと小瀧くんはいるんだなあって思った。

 

現場に行くと、ステージに立つ小瀧くんを見ていると、小瀧くんが優しい人だってことにいつも気付かされる。優しい笑顔で客席に手を振る姿やバンバンで撃ち抜かれる姿や笑みを浮かべながらペンライトの光を眺めているのを見ていると。京セラドームの、横アリのスタンドよりも、城ホの最後列よりもずっとずっと遠い場所から小瀧くんを見ていて、小瀧くんは優しい人だなあってことにやっぱり気付いてしまった。それがとっても嬉しくてとっても苦しかった。

小瀧くんは愛され上手だってよく言われるよね。でもね、小瀧くんがみんなから愛されてるのは、小瀧くんがそれ以上にみんなのこと大切に思ってるからなんだって、愛してるからなんだって私は思ってる。そういう人だってことをみんな分かってるから、みんな小瀧くんのこと愛してくれてるんだって。だって小瀧くんはきっと、優しくしてくれるから優しくするんじゃなくて、大切にしてくれるから大切にするんじゃなくて、愛してくれるから愛するんじゃなくて、例えそうじゃなかったとしても大切にしてくれて、優しくしてくれて、愛してくれる人だから。そういう小瀧くんに私はいつも気付いてしまう。そういう彼に気付いてしまうことが時にとっても苦しくて残酷だなあって思う。小瀧くんが優しくなかったらよかったのに、ってたまに思う。でもそういうところが、私が小瀧くんに一番に変わらずにいて欲しい部分でもあるのかもしれないなあ。

 

私は天邪鬼だから、小瀧くんが駄目ならムカつくし腹立つし、でもそうじゃなくなってしまったら寂しいな、つまんないな、物足りないなって思っちゃう。小瀧くんが必要以上に批判されたりしてるの見ると腹立てる癖に、あんまりに褒められすぎてるの見ると今度はそんなでもないだろって思っちゃう。めんどくさいね。

だからね、ほんとはどこかでもう心配することがなくなってしまったことが寂しい。ほんとはどこかで、もっとずっと駄目でいてくれたら良かったのにって、そう思ってる。ずるいけど。もっと駄目なところも見ていたかった、もっとくすぶってるところも見ていたかった。たぶんそう思ってる。でもそういう彼にはもう会えないんだろうなってことも京セラで確信してしまった。きっと小瀧くんは小瀧くんにとっての"神様"を見つけてしまったんだと思う。それは私が願っていたことだけれど、でもやっぱりどこかで寂しかった。まだ"神様"は見つけないままでいて欲しかった。

 

でもね、それで良かったんだと思う。そしてそれでも大丈夫だって思う。だって彼は忘れない人だから。忘れずにいてくれる人だから。そのことも確信したから。

小瀧くんが大好きだった7WESTのことも、7WESTを大好きに思ってたことも、大切に思ってた人達のことも、素敵な出会いをしたことも、悲しいお別れをしたことも、ジャニーズWESTでデビュー出来たことも、初めて単独でコンサートをしたことも、初めてアリーナツアーをしたことも、初めて主演の舞台に立ったことも、初めて京セラドームのステージからの景色を見れたことも、松竹座からの景色も、日生劇場からの景色も。きっと全部忘れない人なんだと思う。忘れずにいてくれる人なんだと思う。だからきっと大丈夫だ。

 

小瀧くんは小瀧くんにとっての"神様"を見つけてしまった。もう"神様"を見つける前の小瀧くんじゃ、いられない。けどね、小瀧くんは変わっていく中でも、変わらずにいてくれる人だって知ってるから。だからこれからも私に応援させて欲しいです。

 

たぶんもう前みたいな気持ちにはなれないんだと思う。けどそれは小瀧くんが次の扉の向こう側に行ってくれたからだね。だからね、私にこれからもずっと好きでいさせてね。それでも好きだって気付けたからこそ今はずっと好きで居たいって思ってるよ。

 

小瀧くんは私なんかよりもきっとずっとジャニーズWESTのことを大好きだって思ってる人だ。大切に思ってる人だ。小瀧くんのこと見てると、私なんて全然ジャニーズWESTのこと好きじゃないのかもって思うし、実際そうなのかもしれない。けどね、何回でも言うけど、小瀧くんがジャニーズWESTのことを大好きで大好きで堪らなくて、すっごくすっごく大切に思ってることが分かるときに、小瀧くん越しに見えるジャニーズWESTがずっとずっと素敵に見えるから。だからその景色をまだ私に見させてね。

 

 

 

 

小瀧くんの"神様"

 

気付けばMORSEの初日から1年。そしてわたしも約1年間ブログを更新していなかったということに気付いた。久々に言葉にしたくて、過去の自分のブログを読み返してみた。

 

 

"自力で見つけてね、神様"

 

 

スピッツの運命の人の「自力で見つけよう 神様」という歌詞がわたしは好きだ。そしてこれを受けてわたしがパリピポ期間中に小瀧くんに送ったのが、「自力で見つけてね、神様」という言葉だった。

 

小瀧くんには自分自身で自分の"神様"を見つけて欲しかった。手に入れて欲しかった。誰かに与えられた"神様"じゃなくて、自分の手で見つけて欲しかった。小瀧くんの中の絶対の人やものや何かは小瀧くん自身で見つけてもらわなきゃ、手に入れてもらわなきゃ意味がないって思ってたから。小瀧くんの中の絶対を小瀧くんの中の"神様"にしてほしかった。誰か他の人基準じゃなくて、小瀧くんが"神様"だと思うからという理由で。

 

例えばそれが他の人にとっては"神様"じゃなくて、他の人からしたら"神様"だとは思えないものだとしたって、小瀧くんがそれを"神様"としたのだとしたらそれはきっと小瀧くんにとっての"神様"なんだよ。

 

小瀧くんの中の絶対は見つかったかな。小瀧くんの"神様"は見つかったかな。きっと小瀧くんなら自分自身で手繰り寄せられるって思ってたから、信じてたから、そして今でもずっと信じてるから。

 

 

 

"自力で見つけてね、神様"

 

 

 

ただもう一度この言葉を送りたかっただけです。

 

 

LET THE RIGHT ONE IN ※ネタバレあり

 
 
11月13日の初日公演からあっという間に東京公演千秋楽が終わり、MORSEのグローブ座での公演がついに終わりを告げてしまいました。
私にとってのMORSEは、素敵なご縁にも恵まれ、気付けばあれよあれよとチケットが増え、最終的には7公演を観劇しました。
 
 
さて、私なりのMORSEの解釈をザッとまとめさせてもらいます。とはいえ、私は原作も読んでいなければ、映画も見ていませんので見当違いなこともあるかと。その点は悪しからず。
 
 
 
 
  • 冒頭の「何見てんだよ、豚!」
アクリル板に囲まれた箱の中で、オスカーはSOSのモールス信号を送ります。そして彼は叫ぶんです、「何見てんだよ、豚!」と。
きっと冒頭のこのシーンは、オスカーの状況を表しているんだと思います。八方塞がりで、逃げ場のない閉塞感。外からの声(ママの声)は聴こえるのに、彼のSOSは、心の叫びは、誰にも届かない。そしてオスカーはその状況に対して無抵抗だし、無力。それを表しているのが、彼の裸の姿なのではないか、と。
 
 
  • お菓子屋さんでの万引き

オスカーはヨンニとミッケからひどいイジメを受けた後、お菓子屋さんに行き、万引きをします。お菓子屋さんのおじさんは、それに気付いていないのか、それとも気付いていないフリをしてくれているのか、オスカーに心配する言葉をかけるのです。「大丈夫か?」「うん」このオスカーの返事がなんとも言えない程に切ない。本当は大丈夫なはずなんてない。それなのに彼は、誰にも助けを求めることができない。その代わりに彼は万引きをする。もしかすると、どうすることも出来ない今の状況に対する精一杯の抵抗の仕方が、オスカーにとっては万引きだったのかもしれません。

 
  • 「ぼくのともだちになってくれない?」
ポスターにも載っていたこの言葉。MORSEのキャッチコピー。しかし、舞台中にこの台詞は出てきません。何故なら彼がこの言葉を言う前に、エリにこう宣言されてしまうからです。「あなたとは友達になれない」と。そしてオスカーはこう言います。「僕が君と友達になりたいと思ったの?バカだね」そんなこと、思っているはずはない。オスカーが最初にエリに「やあ!」と声を掛けた時に、オスカーはきっと、エリに友達になって欲しいと思ったはずなんです。「ぼくのともだちになってくれない?」だけど、エリに友達になれないと先に宣言されてしまったことで、オスカーの想いは、またしても彼の内に秘められてしまったのです。
 
 
  • 砂場での陰湿ないじめ

    f:id:nzmxxx7:20151207014800p:plain

先に言っておきます。わたしはここのシーンが嫌いです、大嫌いです。だって、しんどい。どうしようもなくしんどくなってしまうから。観た後になんとなく残る後味の悪さの理由の一つに、ここのシーンのいじめが挙げられると思います。「お前は自分で自分の状況を悪くしてるよ!」「わかってるよ!」ミッケのこの言葉には、どんな意図があるのか。兎にも角にも、ここのシーンは本当に大嫌いです。
 
 
  • 「明日もきっとここに来る。いい匂いになって、来る」

    f:id:nzmxxx7:20151207014746p:plain

ヨンニらにいじめられた後にやって来たいつもの公園。そこにはエリがいました。「なんでいるの?」「一人になりたくて来たのに」「じゃあお互い一人でいよう」それなのに、エリはオスカーが持っていたルービックキューブに興味を示し、オスカーに話し掛けます。「それなに?」「一人になりたいんじゃなかったの?」「なりたいよ。ただそれが何か知りたい!」「じゃあ教えたらもう話し掛けない?」「そうして欲しいなら」「ルービックキューブ」「なに?」「だから!ルービックキューブ!」「ルービックキューブってなに?」「何かは教えたでしょ!」「ここまでがひとつの質問」ここのオスカーとエリのやり取り、最強にかわいいですよね!大好きです。きっとエリは、ルービックキューブに興味を示した訳ではないんだと思うんです。きっとそれは口実の1つで、ただオスカーに近づきたかっただけ。もしかするとエリはもうこの時点でホーカンとの関係に見切りをつけていたのかもしれません。既に次なる"ホーカン"を探し始めていたのかも?そしてエリは別れ際に「明日もきっとここに来る。いい匂いになって、来る」という言葉を残し、公園を去っていくのです。
 
 
  • 「もうそれだけじゃ駄目なのかもしれない」

「愛してるんだ」と言ったホーカンに対してエリが放った言葉です。やはり、エリはもうホーカンとの時間がそれほど長くないということに気付いています。このままではいられないということを、エリは勘付いているのです。ホーカンにとっては残酷なことかもしれませんが。

 

 

  • オスカーとエリの約束

エリは何故だか約束が嫌いです。「嘘ついてないって約束できる?」「約束は嫌い」「約束できる?」「わかった、約束する。シールは貼り直してない。約束する」そんなエリがオスカーと交わした約束。「それでもやられたら?」「そしたら助けに行く。」「助けに行くから。約束する」どこまでがエリの打算?もしかするとオスカーと約束を交わしたのも彼女の打算?そしてオスカーはモールス信号の載ったノートをエリに手渡します。エリと公園で会う前に、とても愛おしそうにノートを見つめているのがとても印象的ですよね。かわいい。「ー・ーーー ーー・」「そう、エリ。君の名前だ」

 

 

  • 「もし女の子じゃないって分かっても好きでいてくれる?」

    f:id:nzmxxx7:20151207014735p:plain

「オスカー、好き?」「うん、好きだと思う」「もし女の子じゃないって分かっても、好きでいてくれる?「どういう意味?」「そのまま。もし女の子じゃないって分かっても、好きでいてくれる?」「うん、好きなんじゃないかなあ」「ほんと?」「どうしてそんなこと聞くの?」「聞きたかっただけ」この「女の子じゃないって分かっても」というエリの言葉が、オスカーを混乱させることになりますよね。そしてオスカーはアヴィラ先生に尋ねる。「自分が恋をしていると思う時は、どんな時ですか?」「人によると思うが、その人とずっと一緒にいたいと思った時じゃないかな?」「それはつまり、その人なしでは生きていけないと思うってことですか?」「じゃあ・・・もし恋した相手が女の子じゃなかったら?」

 

 

  • 「何者でもない」「自分は自分でしかない」

    f:id:nzmxxx7:20151207014724p:plain

 「女の子じゃない」という言葉を聞いて、オスカーが持ち合わせた答えはひとつだけでした。女の子じゃない=本当は男の子であるということ。だけどエリはそうではないと言う。「君がもし男の子でも構わない」「男の子じゃないよ」「えっ?でも女の子じゃないんでしょ?」「何者でもない。」「自分は自分でしかない」この時点ではまだ、オスカーはエリをアレだとは気づいていません。だからこそエリのその言葉に困惑するオスカー。だけどオスカーはもうエリに恋をしてしまっている。「今日、いやなもの見ちゃったんだ。」「その時思ったんだ。君が一緒にいてくれたらって」アヴィラ先生に教わったこと。その人と一緒にいたいと思うことが恋をするということ。「エリ、僕と付き合ってくれる?」「僕と一緒にいてくれるかってことだよ」「僕と付き合うの!付き合わないの!」この時のオスカーはエリと付き合うということが何を意味しているのかまだ分かっていません。永遠に分からないままの方が幸せだったのかもしれませんが。

 

 

  • 「オスカー?入っていい?入っていいって言って?」

それにしても、エリは悪い女です。ホーカンがエリのために硫酸を被ったその夜に、オスカーの部屋へ向かうのですから。そして自分を招いてくれるように請う。ホーカンにとっては残酷なことです。でもきっとそれがエリの生き方で、きっと彼女はこれからもそうして生きていくことしか出来ないのです。

 

 

  • 血の契り

    f:id:nzmxxx7:20151207015257p:plain

オスカーはエリと血の契りを交わそうとします。「僕と契約を結びたい?」「勇敢なナイトの契約なら、なんでも」。私は最初、何故オスカーがこんなことをしようとしたのか、分かりませんでした。オスカーの純粋さ故の残酷さなのか、なんなのか。しかし観劇を重ねていくうちに、ある一つの考えが浮かんできます。もしかするとオスカーはエリの気持ちを確かめようとしたのではないか?と。確かめようとしたというよりは、試そうとしたと言った方が近いかもしれません。きっとオスカーは、ママから正しい愛情を受けてこなかったから。それの正しい確かめ方が分からなかったんだと思います。ママを演じる高橋さんもパンフレットで、「母の歪んだ愛が、息子をやはり歪んだ方向に向かわせる」とおっしゃっています。歪んだ方向に向かってしまった結果、血の契りという、ある意味で歪んだやり方でしかエリの気持ちを確かめることができなかったのではないでしょうか。

 

 

  • 「もっと早く助けに来てくれればよかったんだ!もっと早く!」

誤ってヨンニの耳に怪我を負わせてしまったオスカーが叫ぶ台詞です。本当にその通りだと思います。こんな風に、オスカーが心の声を言葉にする前に、誰かが彼のSOSに気付き、彼を救ってあげるべきだった。もう手遅れだったけれど。

 

 

  • 「ママは正しいことを教えてくれない!」

ママが正しいことを教えてくれなかったということも、オスカーを最後の決断に向かわせた要因の一つだと思うんですよね。ママはオスカーにいい子でいてほしいと思う割には、オスカーにそれがどういうことかを教えてはくれない。「あんたにはがっかりだよ!」「ママは正しいことを教えてくれない!」「また呑んでる」「呑んで何が悪い?!」「このクソ女!」もしかするとママから見たオスカーの姿は、ただの幻想だったのかもしれませんね。

 

 

  • 「ぼくは将来どんなタイプの人間になると思う?」

オスカーはきっと、ヨンニに仕返しをしたことで、自分が乱暴で残酷な部分を持ち合わせているということに気付いてしまったんだと思います。そしてオスカーはそんな自分がどこかで怖かった。自分で自分の凶暴な部分に恐怖を感じた。だからこそ、パパにこんな質問をしたんだと思うんです。「ねえパパ?パパは自分をどんなタイプの人間だと思う?僕は将来どんなタイプの人間になると思う?」

 

 

  • 「ならそいつらよりあなたの方が正常」「大丈夫、あなたは間違ってない」

きっとこの二つの台詞は、「ママは正しいことを教えてくれない!」というオスカーの台詞の対になる台詞だと思うんですよね。正しいということが何か教えてくれなかったママと、それを教えてくれたエリ。母親から受け取れなかったことを、エリからは受け取ることができる。だからこそ、オスカー⇔エリというよりはママ⇔エリという関係にあるのではないかと。

 

 

  • 「約束して。光を入れて、正しい世界を生きる」

    f:id:nzmxxx7:20151207014704p:plain

エリとの別れのシーン。「行ってほしくないよ!」「行きたくないよ!」「僕も一緒に行く!」エリに縋りつくオスカー。だけどエリは、オスカーにこう投げかけます。「約束して。光を入れて、正しい世界を生きる」「約束して。そして許して」。この「正しい世界『を』生きる」という台詞が味噌だと思うんです。「正しい世界『で』生きる」のでもなく、「正しい世界『に』生きる」のでもなく、「正しい世界『を』生きる」という台詞になった意味。なんだか私はそこが重要な気がして。その意味について、ずっと考えています。

 

 

  • 「僕にはもう、居場所がないんで」

この台詞がずっと頭を離れませんでした。エリをも失ってしまったオスカー。どうしようもなく悲しくて切ない台詞のはずなのに、表情も声色もその言葉と全然一致していなくて。それが余計に切なくて、悲しくて、苦しくて、初日からずっと頭を離れません。ずっとぐるぐると頭の中を回っています。

 

 

  • オスカーにとっての「正しい世界を生きる」ということ

    f:id:nzmxxx7:20151207015414p:plain

オスカーは絶体絶命の危機をエリに救ってもらいます。約束通りに。そしてプールから上がってきたオスカーがエリを見つめるその目は。完全に神を見つめる目です。恍惚としていて、確実に崇拝が混じってる。そんなオスカーの姿は、「私の神」とエリに縋りつくホーカンの姿と完全に重なります。エリはオスカーにとっての神となったのです。だから正しいという判断基準の全てはエリになった。「LET THE RIGHT ONE IN(正しい者を入れよ)」正しい者としてオスカーが受け入れたのは、エリでした。オスカーにとって「正しい世界を生きる」ということ=エリの道徳に従って生きていくということ。何故ならエリはオスカーにとっての神となったから。エリに助けてもらったオスカーは、エリという道徳と倫理を手に入れたから。

 

 

  • ラストシーンについて

    f:id:nzmxxx7:20151207014751p:plain

    f:id:nzmxxx7:20151207015441p:plain

エリに助けてもらったオスカーは、エリと共に生きていく決意をします。ラストの着替えを見ながら私たちはそれを悟ります。私たちは何とも言えない気持ちでそれを見つめることしか出来ません。ただ、オスカーがエリを見つめる目が、エリがオスカーを見つめる目が、まっすぐで、熱くて、愛情に満ちていて。箱に入ったエリと共に電車に乗るオスカー。その電車が行く先はどこなのか。私たちにはわかりません。ただ、差し込む光をまっすぐと見つめるオスカーの目がとても印象的です。というのも、エリと別れた後の公園のシーンあるじゃないですか。あそこは劇中で一番照明が明るくて。きっとそこが、エリの言う「正しい世界」だったと思うんです。だけどオスカーはその光に対して眩しい、という反応をします。オスカーはもうその時点で、その世界では生きていけなかったんです。きっとオスカーにとって光となりうるものはエリだけだったから。エリと生きていくしかなかった。公園のシーンでは眩しいという反応をしたのに対し、ラストの光が差し込むシーンではまっすぐとその光を見つめている。その表情がとっても印象的なラストシーンです。

 

 

  • 「LET THE RIGHT ONE IN」という原題について

もうこの原題が!絶妙じゃないですか!正直舞台を見終わった後、映画の「ぼくのエリ 200歳の少女」という邦題を付けた人を殴りたくなりました(笑)「正しい者を入れよ」最後にオスカーが正しい者として受け入れたのはエリだったけれど、果たしてその選択が本当に正しかったのかどうか。エリは本当に正しい者だったのかどうか。含みを与えてこちらに解釈を委ねているところがたまらないですよね。英語ならではの表現なのかもしれませんが。とはいえ、結局オスカーにとって正しい者はエリだった、エリだけだった。オスカーにとってはただそれだけのことなんですけどね。

 

 

  • エリの入った箱

エリとオスカーの見えない壁や隔たりを可視的に表現したのが、この箱なのではないかと思うんです。どれだけ近付いても、どれだけ一緒の時間を過ごしても、そこには超えることのできない壁があり、隔たりがある。永遠に消えることのないオスカーとエリの隔たりが、箱の中にいるエリと、その外側にいるオスカーという表現で表されているのではないかと。

 

 

  • 劇中におけるモールス信号

題名が「MORSE」という割には、モールス信号を使うシーンはあまりないですよね(笑)私はもっと、モールス信号を用いることでオスカーとエリが仲を深めていく部分が描かれていると思っていたので、そこは正直最初拍子抜けでした。でも、このモールス信号が劇中で果たす役割は二つあると思うんです。

一つはモールス信号≒登場人物達のSOSの叫びなのではないかと。オスカーは冒頭のシーンで、SOSのモールス信号を送っていますが、きっとSOSを送っているのはオスカーだけじゃないと思うんです。エリも、ホーカンも、ママも、ヨンニも、ミッケも。きっとみんなSOSを誰かに送っていた。だけど誰にも気づいてもらえなかった。オスカーとエリ以外は。オスカーのSOSはエリに、エリのSOSはオスカーに届いた。モールス信号は「ちゃんと聴」かないと分からないものだから。「ちゃんと聴」こうとしなければ、それを受け取ることはできないから。それぞれのSOSはモールス信号のようなものだったのではないかと私は思います。

そして二つ目はオスカーとエリを繋ぐものとしての役割。先にも述べたように、オスカーとエリの間には、見えない壁が存在している。きっと永遠にその隔たりがなくなることはない。だけどその二人を繋ぐモールス信号。ラストで、箱の外と中から、お互いにモールス信号を送り合う二人。そしてそっと愛おしそうにその箱を、エリを撫でるオスカー。「-・--- --・」「・-・・・ ---・- ・-・・」モールス信号が永遠に二人を繋いでくれるよう、願わずにはいられません。

 

 

  • オスカーとホーカン

MORSEを見終わった後、オスカーとホーカンはパラレルに描かれているように感じてしまいますよね。ホーカンにとってエリは全てだったかもしれないけれど、エリにとってはそうではなかった。ホーカンと過ごした時間は、「長い間」生きてきたうちのほんの「少しの間」でしかないし、オスカーもエリがこれから生きていくうちの「少しの間」でしかないのかもしれない。だけど一つオスカーとホーカンに異なる点があるとすれば。オスカーにはモールス信号というエリと繋いでくれるものがある。見えない壁を、隔たりを超えられるモールス信号がある。だからきっと、オスカーはホーカンとは違う結末を迎えてくれると。私はそう信じています。

 

 

 

さて、死ぬ程長い文章となってしまいました。途中で脱落せずに最後まで読んでくれた皆さん、ありがとうございます(笑)長すぎて自分でも何を書いているか分からなくなりました(笑)時系列も一応気にして書いたつもりですが、もしかするとずれているところもあるかもしれませんし、見当違いな解釈もあったとは思いますが、そこは見逃してくだされば有り難いです。なんせ原作も読んでいなければ、映画も観ていないので(笑)

 

 

 

私にとってのMORSEは、残すところ千秋楽一公演のみとなってしまいましたが。

オスカーがした選択がどんな結末を迎えるのか、彼の決意が行く先はどこなのか、千秋楽でそれを見届けられればいいなと思っています。

 

 

最後の最後に小瀧くんへの想いをひとつ。

あなたは私の自慢の自担です!

 

 

どうか小瀧くんが最後まで無事にオスカーを演じきれますように。

 

 

 

 

f:id:nzmxxx7:20151207020510j:plain

 

 

 

 

 

MORSE初日について今更ながら書き連ねる




MORSEの初日にお邪魔してきた。大分時間が空いたけれど、ちゃんと言葉にして残しておきたかったので、今更感しかないけれど、自分のために書き連ねることとする。


正直、初日の公演に入ることは半分諦めてた。手元にチケットはないし、探す気力も起きないし、入れなくても仕方ないかなって。だけど諦めきれなくて当日券にかけてみた。繋がらなかった。から諦めた。

だけど、フォロワーさんからまさかのお声掛けを頂いて入れることになって。その連絡がきてお譲り頂けることになってからは、なんかずっとソワソワしてて、落ち着いて座ってすらいられなくて。ほんとに始まっちゃうんだ、そこに私は立ち会えるんだなぁ、って。


MORSEのお仕事が決まった日のこと。うれしくてうれしくてどうしようもなかったこと。つい昨日のことみたいに思い出す。

ツイートを遡ってみたら、自分落ち着きなさすぎて笑った(笑)深夜三時頃まで眠れなくて、無理やり寝て、朝起きて夢だったらどうしようって思ったけど、夢じゃなくて。


パリピポで感じた違和感を早く拭いたくて、だから早く個人のお仕事が決まってほしいってことはずっと思ってて、それが外部舞台のお仕事だったらってことは何回も考えてた。

だから本当にそのお仕事が頂けることになって、うれしくてどうしようもなくて。だから、どうなってしまってもいいって思った。もしのぞむくんがボロボロになってズタズタになってしまうとしても、それでもよかった。苦しくてもがいてもがいてもがいてどうしようもない経験をしてくれたらって、そんなことをずっと考えてた。


そんな日からあっという間に3ヶ月が過ぎた。わたしの夏は、優馬くん一色だったから、それが落ち着いて、しばらくしてだんだんと雑誌の露出が増えて、いろんなのぞむくんの言葉を吸収して、MORSEが始まるんだっていう実感が湧いてきて。そしてその日はやってきた。


一日中ずっと色んなことを考えてた。「すごいプレッシャーだけど一カ月みっちり稽古してきたので自信がある」という言葉を読んで、泣きそうになった。緊張はしてたけど、不安や心配は一切なかった。

のぞむくんのことをずっと見てきた訳じゃない。だけど、不思議と確信はあった。漠然としてて、根拠なんか全くない。だけど大丈夫だってことだけは分かってた。


ものすごい緊張の中、その時はやってきた。きっと周りの小瀧担も一緒の気持ちだったと思う。ものすごい緊張感の中、幕が開いた。


1幕ののぞむくんはたぶん緊張してた。最初は自分が緊張してるのか、のぞむくんが緊張してるのか分からなかったけど(笑)でもたぶんものすごく緊張してた。だけど2幕が始まって、だんだんとのぞむくん自身が乗ってきて。そしてそのテンポに会場全体が飲まれていくのを感じた。

ラストのプールのシーンの前。洋服を脱ぎ始めたオスカーを見て、いよいよか、って思った。のぞむくんから緊張が伝わってきて。たぶん見つめる小瀧担の気持ちは全員一緒だった。みんな一緒に息を止めてオスカーを見つめてた。


初日の幕が降りた。カーテンコールで笑ったのぞむくんを見て、ポッケに手を突っ込んではけてくのぞむくんを見て、あ、のぞむくんだ!って思ったらなんだか急に安心して。無事に初日の幕が降りたんだなあ、って。


時々、なんで小瀧だったんだろうって考える。わたしはのぞむくんに担降りするまで、のぞむくんのこと小瀧って呼んでて、だから今でもたまに小瀧っていう目で見てしまう時がある。小瀧の顔は超好きだったし、超タイプだったし、かっこいいと思ってはいたけど、なんで小瀧だったんだろうって。でもたぶん私は小瀧じゃなきゃダメだった。のぞむくんじゃなきゃダメだった。そんな風に初日の公演を見て思ったりした。


正直ものすごくしんどい作品だと思う。観ているこっちですら、終わったあと残るものに潰れてしまいそうになる。のぞむくんもきっとこれから追い込まれて飲まれそうになるだろうし、もしかしたら稽古中にもそういったことがあったのかもしれない。幕間や休憩時間にもオスカーでいてほしいと求められていると知って、私の方がしんどくなったり。

だけどそんな時にこそすごいものを見せてくれるのがのぞむくんだと思うし、そこを乗り越えた先に待っているものに私はずっと期待してるから。


今からMORSEが終わってしまうその日を寂しくも思うし、早くオスカーを演じ切ったその先にいる小瀧望に会いたいとも思ってる。


またひとつ大きくなったのぞむくんに会えますように。




もしまたこの空の下で生まれ変わっても もう一度同じこの道を歩くだろう



帝劇の真ん中に、優馬くんが立っていた。
その場所が途轍もなく似合う人だなあと思った。思っていた通りだった。



最初に優馬くんがドリボをやると聞いた時、正直マジか、と思った。この夏は、ドリアン・グレイの肖像の主演という大きなお仕事が優馬くんを待っていた。そんな中、ドリボのリハをこなすなんて。だけど心配はなかった。色んな人が色んなことを言っていたけれど、それでも私は優馬くんを信じていた。もちろん体調の心配はしたけれど、こんな風な逆境の中でも全て乗り越えてきた人だから。不安になる理由が一つもなかった。

だから色々と騒ぎ立てる人達を見ても、ばーーーーーーーーか!!!!!!今に見てろよ!!!!!って気分だった。優馬くんが出来ないはずがない。今までだって、何度も何度も私達の想像を超えてきた人なんだもん。

まあ、でもほんとのことを言うと全員揃ってのお稽古が1日半しか出来ないっていうのは正直問題アリアリだと思うし、だからこそ色々言われてしまうのも仕方ないとは思ったけれど。その中でも最高のものを見せてくれるっていう確信が私の中ではあったんです。むしろ優馬くんを信じないっていう選択肢なんて私の中にはなくて。いつだって、どこだって、やってきた人なんだもん。私が好きになった優馬くんはそういう人。

そして、初日の幕間に流れてきたレポ。優馬のドリボがすごいことになってる。ドリボが泣ける。優馬は帝劇の0番に立つ人だ。全部全部、誇らしいものばかりで。正直ここまで絶賛されると思ってはいなかったけれど、私は本当に誇らしい気持ちだった。どや!!!!!!!!うちの優馬すごいだろ!!!!!!!!なめんなよ!!!!!!!!って。私はそんなレポの数々を読みながら、容易に想像が出来たんです。帝劇の真ん中に立つ優馬くんの姿が。分かる。絶対似合うもん。優馬くんはそこに立つべき人だってこと。これまで真剣に考えたことがあった訳じゃなかったけど、だけど漠然と、きっと、ずっと思っていたこと。優馬くんは帝劇の真ん中に立つべき人だって。

だけど、それが優馬くんにとって本当に幸せなことかどうかなんて分からない。帝劇に立てること、帝劇の0番に立てること、それが選ばれた人だけの特権だとして、そんな特権を与えられて帝劇に立つ自担の姿を見れること、帝劇の0番に立つ自担の姿を見れること、それが私達にとっては幸せなことだとして、本人たちにとって本当にそれが幸せなことだなんて限らない。もしかしたらその特権を与えられたことは時に残酷な運命であり、宿命であり、それが本人を苦しめているのかもしれない。だけどそれでも、ユウマは歌う。


もしまたこの空の下で生まれ変わっても
もう一度同じこの道を歩くだろう


なんて素敵な歌詞なんだろうと思った。大好きな人がくれるこの言葉は、私にとって最高に嬉しい言葉で。この歌を歌っているのはユウマだけれど、優馬。ユウマと優馬のこれまでの全てを重ね合わせてしまう。理不尽で身勝手な大人に振り回されてきたユウマ。残酷な運命に振り回されて、ユウマは叫ぶ。「何もかも引き受けてやろうじゃねぇか!!」ああ、これは優馬だ。様々な大人の事情と思惑に振り回されて、様々な場所に連れて行かれ、そこに立たされ、沢山の重荷を背負わされて。

私は優馬くんの何にも背負っていない姿を見たいってずっと思ってた。だけど結局、優馬くんには色んなことを背負わせてしまってた。優馬くんはきっと、色んなものを背負わせてしまいたくなる人。それはとっても残酷なことかもしれないけれど、だけど優馬くんは、これまでも、これからもきっとどんなことも引き受けてくれる人。引き受けるしかないから引き受けるんじゃなくて、引き受けようとしてくれる人だ。私は思った。ああ、もうここにはあの頃の優馬はいない、と。借り物みたいに連れて来られて、置物みたいにそこに立たされていた優馬はもういない。真っ直ぐに前を見据え、これまでの、そしてこれからの全てを引き受けていく覚悟の瞳をした優馬がそこには立っていた。そしてその優馬は歌うんです、同じ道を歩く、と。

わたしは何度だって考えてしまう。優馬くんにとって、この道を歩いてきたことは、本当に幸せなことだったのかって。もっと楽で幸せな道もあったんじゃないかって。優馬くんはずっと後悔はしていないかな、本当は違う道を選んでいたらって思うことだってあるのかなって。そうなのかもしれない。100%これまでの道が、今が幸せだとは言い切れないかもしれない。それでも同じ道を選んで、歩こうとしてくれている。こんなに幸せな言葉があるのだろうか。思い出したのは、ソロコンオーラスでの「ジャニーズに入ってよかった」という優馬くんの言葉。私はあの時、この言葉を宝物にしたいと思った。そしてあの言葉は私の宝物になった。そして今、大切な宝物がまた一つ増えた。「もしまたこの空の下で生まれ変わっても もう一度同じこの道を歩くだろう」というユウマであり優馬の言葉。そして、それを歌う優馬くんの姿。「僕には自信がある」と帝劇の真ん中に立って歌う優馬くんの姿。全部全部私の宝物にしたい。宝物にする。そして、いつだって最高の宝物を届けてくれる優馬くんが、私にとっては一番の宝物だ。



優馬くんは、帝劇の真ん中が似合う人だ。それが優馬くんにとって残酷なことだったとしても、私はまた優馬くんにそこに立って欲しい。また、帝劇0番に立つ優馬くんが見たい。

優馬くん、DREAM BOYSお疲れ様でした。
そして素敵な夏を、ありがとう。



If you can dream it, you can do it.




のぞむくん、19歳のお誕生日おめでとう。
まずはそこに立ってくれていること、いつも感謝しかないです。ありがとう。

19歳。まだまだ完全には大人として認めてもらえない年齢。許されないこともたくさんある。だから本当は早く大人になってほしい。信じているけれど、不安だから。だけどこの1年はきっと、のぞむくんにとってすごく大切で尊くて貴重な1年だから。そんなのぞむくんの19歳の成長をわたしはまっすぐに見守りたい。この1年を大切に過ごして欲しいなあ。


▷ーーーーーーーーーーーー◁


ついこないだ高校を卒業したと思ってたのに。あっという間に19歳の誕生日が来て。本当にあっという間だなあ。私がのぞむくんに担降りしてからも、あっという間に半年が過ぎました。

本当は高校を卒業したらすぐに大きなお仕事が決まるのかなあ、決まってほしいなあって思ってたから、ちょっともどかしい。パリピポで見たのぞむくんが、何かに悩んで、迷って、苦しんでいるように見えたから余計に。

物怖じをしないところがのぞむくんのすごいところだって色んな人が言ってくれている。わたしもそう思うけど、そう思うと同時にのぞむくんのこと、変なところですごく臆病な人だなあってわたしは思ってる。そしてそれが肝心なところだったりするからもどかしい。そこで臆病になる必要ないのに、いつも呑気にお気楽なふりしてくれてればいいのにって。だから心配になる。みんなにたくさん愛されてる人なのに、彼自身もそれを分かってるはずなのに、どこかで愛されてるのか不安そうなところも。愛されてる人なのに、どこか愛に飢えているように見えるところも。心配でどうしようもなくて、愛おしくて仕方なくて。

ほんとは根拠のない自信で余裕ぶって見せてるくらいの方がのぞむくんらしいなあって思うし、安心。でも、もしのぞむくんが今自分に自信を持てないのだとしたら、それは自分の手で掴み取るしかないから。それが出来るお仕事が来たらいいなあ、と思います。


▷ーーーーーーーーーーーー◁

 
と昨日ここまで書いていたら、飛び込んできた単独初主演舞台のお仕事が決まったというビッグニュース。ずっと望んでいた、一人でのお仕事。それも外部舞台のお仕事。望んでたものすぎて、最初はちょっと信じられなかったけど、流れてきた朝刊の記事を読んで、あ、ほんとなんだって。

きっといっぱい悩むんだろうなあ。迷うんだろうなあ。毎日同じ場所に通って、同じことを繰り返して、逃げ出してしまいたくもなるかもしれない。けど闘って欲しい。誰にも頼れない場所で悩んで、苦しんで、もがいて、もがいて、もがいてズタズタになりながら。きっとそんなのぞむくんは美しい。自分の手で何かを掴み取ってくれるって信じています。大きくなってね。


▷ーーーーーーーーーーーー◁


めぇ魂で見たバンバンで外出を煽りながら走るのぞむくん。担降りを決めた団五郎で見たのぞむくん。祈るような気持ちで入ったパリピポ城ホで見たのぞむくん。

わたしはわたしの信じたのぞむくんを信じたい。信じてる。信じる。そしてこれからも信じたい。のぞむくんに対して変わってほしいって思ってる部分も、変わらなきゃいけないって思ってる部分も、変わって欲しくないって思ってる部分も。全部含めて今ののぞむくんだから。今ののぞむくんの全てが愛おしくて、大切。わたしはその全てを信じる。だから素敵な人になって。わたしが言えることはその一つだけです。のぞむくんがどんな自分になりたいと思っているのか、どんな自分になろうとしているのか、分からないからもどかしいけど、言葉にしてくれないからもどかしいけど、わたしは信じているから。変わらないのぞむくんが変わっていってくれるってこと。素敵な人になってくれるはずだってこと。


▷ーーーーーーーーーーーー◁


のぞむくんが大切にしている大好きなあの言葉。わたしは単純だから、大好きな人が大切にしてる言葉はわたしも大切にしてしまうし、大好きな言葉は大好きになってしまう。

のぞむくんといっしょにのぞむくんが憧れてる景色を見たい。のぞむくんが憧れてる景色を掴む瞬間を共有したい。のぞむくんがその景色をその手で掴めますように。わたしがその場にいられますように。



If you can dream it, you can do it.



きっとキミならその景色を掴めるはず。
のぞむくんの19歳が素敵な一年になりますように。


其処に立つキミ


格差に関するツイートを見るたびに、わたしはずっと感じていたことがあって。ただの被害妄想かもしれないけど、こたきくんが否定されている気分になるときがあるんです。こたきくんが前に立っていることが許せないって、そう思われてしまっているんじゃないかって。でもそれって結局のところこたきくんにはまだまだ足りないところがあるってわたし自身が感じているからなんですよね。だから何処かでそれを仕方ないのかなって感じてる自分が最低に思えて、こたきくんのこと大好きなのに、こたきくんのこと信じたから担当にしたのに、どうしてこんなこと考えてしまうんだろうってずっとずっと悩んでいて。

わたしはこたきくんが変わらないままで変わっていってくれるって、もっともっといい男になっていい姿を見せてくれるって信じているんです。だから、いまのこたきくんはそのままでいてほしいって、いまのこたきくんはいまのこたきくんだから大切で、大好きなんだよって思ってる。わたしはこたきくんを信じたから、こたきくんに降りたんです。だからいまこたきくんに出来ないことがあったとしても、わたしはそれでもいいって思ってる。変わっていって欲しいとは思っているけれど、いまのこたきくんを信じているから、これからのこたきくんも信じられる。それでもこたきくんを認めて欲しいって思うのは、わたしの、小瀧担のわたしのエゴなのかな?って。

正直なことを言うと、いまのジャニーズWESTに格差があるのかなっていうのがわたしの中で疑問な部分があるんだと思います(デビュー当初はともかくとして)。これはわたしが小瀧担だからそう思うだけ?小瀧担だから感じていないだけ?もしかしたら他担の方にはそう思われてしまうのかもしれません。実際のところそうなのかもしれないし。そうだとしたら申し訳ないです。

前列と後列という立ち位置が、それが格差、という意味ではなく出来てしまうのは、7人いるグループなら仕方のないことだと思うんです。例えば7人横並び一列になったとしても端っこの人は出来る訳じゃないですか。だからって端っこの人が下な訳ではないし。別に下だから端っこな訳ではなくて。ただの立ち位置(ポジションという意味ではなく立つ位置という意味での)的な問題。同じように、前列と後列が立ち位置として出来るのはたぶん当たり前のことなんじゃないかなって。前列に立っている時の役割、後列に立っている時の役割、真ん中に立っている時の役割、端っこに立っている時の役割。ただそれが存在してるだけじゃないのかなって。ただそれぞれがそれぞれの役割を与えられているだけなんじゃないのかなって。そう思うのも、わたしが小瀧担だから?ただ、いまのジャニーズWESTがそういう意味での役割分担がはっきりしていない、きちんと出来ていないということなのかもしれないし、その役割に納得がいかない人もいるということなのかもしれないですね。

たぶん格差の問題については、小瀧担のわたしだから感じること、他担の方だからこそ感じることがあるんですよね。たぶんわたしが感じていることは、こたきくんを応援しているわたしだから感じることで、他担の方が感じていることは、その方の担当のメンバーを応援しているからこそ感じていること。同じ小瀧担でも感じていることは違うだろうし。だから否定しようとかそういうつもりは全くありません。そこのところだけははっきりと言っておきたいと思います。

ひとつとして、役割分担をきちんとして欲しいということは、たぶんわたし自身も感じていること。わたしはこたきくんに降りる前、あ、こたきが前にいる、端っこのこたきかわいかったのにな、って思ってました。たぶん今でも何処かで思ってる。端っこにいた頃のこたきくん、割と好きだったんですよね。でも、いまこたきくんは前列としての役割をもらってる。そこに立たされてるってことは、きっと事務所の人に、こたきくんがそこに立つことで出来る何かがあると思ってもらえているってことだと思う。こたきくんがそこに立つことで、こたきくんにしか出来ない何かがあるからそこの立ち位置を与えられているんだとわたしは思っています。わたしもこたきくんにしか出来ない何かがあるって、具体的に何かと言われたら上手く言えないけれど、そう思っています。でも、いまはこたきくんがそこに立つことでなにを求められているのか、こたきくんのそこに立つことで与えられている役割ってなんなのかなって、正直ちょっとよく分からなくって。それがもどかしかったりもする。事務所は結局こたきくんをどうしたいのかなって。こたきくん自身もそれが分かっていないから、彼自身いろいろと悩んでいるのかなあと思ったりもします。こたきくんに求められていること、与えられている役割にわたしが気付けていないだけなのかもしれないし、こたきくん自身も気付けていないだけなのかもしれない。だけど、こたきくん自身がそのことに気付けた時に、こたきくん変われるんじゃないかな、とわたしは感じています。

いまのままでもいい、変わりたい気持ちがあるのならそれでいい、そのままで変わっていって欲しいって思っているわりに、わたしは結局こたきくんが一刻も早く変わってくれることを求めているのかな?矛盾だね。

でもそれは全部、こたきくんが大好きだからなんだよ。わたしはこたきくんに降りたとき、7年間続けた大倉担を降りたとき、たぶんこたきくんを逃げ場にした部分が少なからずあったんです。おおくらくんに対して考える時間が増えるにつれて、おおくらくんに対して日に日に重くなっている自分に気付いて、何処かでそれがすごく嫌だった。だから、こたきくんに降りた時、ただこたきくんがかっこいい!かっこいいから好き!好きだから応援する!みたいなスタンスでこたきくんを応援したいって思ってた。もっと軽いオタクになりたいって思ってた。だけど、あんなに大好きだったおおくらくんを降りようって思えたのは、こたきくんのこと、信じたからなんですよね、やっぱり。そう思ってた時点で、結局重いオタクなんてやめられる訳がなかった。

たぶん大倉担をやっていた頃おおくらくんについて考えていた以上に、いまこたきくんについて考えています。でもなんか、それが嫌じゃないんですよね。もっともっとこたきくんについて考えてたい。向き合ってたい。おおくらくんを降りた時、降りたとしても、根本的な部分でおおくらくんを超える存在は出てこないんじゃないかなって思ってた。でもいま、わたしはこんなにもこたきくんについて考えていて、それが苦しいときもあるけれど、楽しくって。わたしがこたきくんを信じて降りたことは、間違いなんかじゃなかった。後悔することになったらどうしようって不安に感じたりもしてた。でもこたきくんを信じた。信じられるこたきくんだと思ったから。

ねえこたきくん、わたしはずっとキミのことを信じているよ。信じていたいよ。わたしにはただこたきくんを応援することしかできないけれど、迷ったときにキミの道しるべになれるかどうかさえも分からないけれど、これからもただ、こたきくんの見つめるその先の景色の一部でいたいから。

いまこんな風に感じていること、ごめんねこたきくん。最低だよね。でもね信じているからこそ、こたきくんにはもっともっと出来ることがあると思う。わたしはいま、最低なことを感じているのかもしれないけれど、これからもこたきくんのこと応援させて欲しい。わたしにとって、こたきくんは一番のアイドルだって信じているから。



もっともっといい姿でこたきくんが其処に立ってくれるってわたしは信じています。