小さなじゅもん

こたきくんとか、ゆうまくんとか

"神様"を見つけてしまったみたいだ

今だから言うけど私は今回のツアーは横アリしか入るつもりがなかったので、京セラを見届けて横アリを終えたら小瀧くんを降りようって思ってたし、そう決めてた。 別に他に応援したい子が出来た訳じゃなくて、小瀧くんのことどうでもいいやってなった訳でもな…

小瀧くんの"神様"

気付けばMORSEの初日から1年。そしてわたしも約1年間ブログを更新していなかったということに気付いた。久々に言葉にしたくて、過去の自分のブログを読み返してみた。 "自力で見つけてね、神様" スピッツの運命の人の「自力で見つけよう 神様」という歌…

LET THE RIGHT ONE IN ※ネタバレあり

11月13日の初日公演からあっという間に東京公演千秋楽が終わり、MORSEのグローブ座での公演がついに終わりを告げてしまいました。 私にとってのMORSEは、素敵なご縁にも恵まれ、気付けばあれよあれよとチケットが増え、最終的には7公演を観劇しました。 さ…

MORSE初日について今更ながら書き連ねる

MORSEの初日にお邪魔してきた。大分時間が空いたけれど、ちゃんと言葉にして残しておきたかったので、今更感しかないけれど、自分のために書き連ねることとする。正直、初日の公演に入ることは半分諦めてた。手元にチケットはないし、探す気力も起きないし、…

もしまたこの空の下で生まれ変わっても もう一度同じこの道を歩くだろう

帝劇の真ん中に、優馬くんが立っていた。その場所が途轍もなく似合う人だなあと思った。思っていた通りだった。最初に優馬くんがドリボをやると聞いた時、正直マジか、と思った。この夏は、ドリアン・グレイの肖像の主演という大きなお仕事が優馬くんを待っ…

If you can dream it, you can do it.

のぞむくん、19歳のお誕生日おめでとう。まずはそこに立ってくれていること、いつも感謝しかないです。ありがとう。19歳。まだまだ完全には大人として認めてもらえない年齢。許されないこともたくさんある。だから本当は早く大人になってほしい。信じている…

其処に立つキミ

格差に関するツイートを見るたびに、わたしはずっと感じていたことがあって。ただの被害妄想かもしれないけど、こたきくんが否定されている気分になるときがあるんです。こたきくんが前に立っていることが許せないって、そう思われてしまっているんじゃない…

自力で見つけよう 神様

横浜アリーナで迎えた記念すべきジャニーズWESTの1stツアー"パリピポ"の初日。そこで見たのぞむくんは何かに迷っているのか、悩んでいるのか、そんな風にわたしには見えた。のぞむくんが努力してることは知っていた。だから次のツアーではどんな歌を聴ける…

中山優馬 Chapter1 歌おうぜ!踊ろうぜ!YOLOぜ!TOUR

優馬くん、ファーストソロコンサートツアーお疲れさまでした!オーラスのレポを見て、なんで私は地を這ってでも大阪に乗り込まなかったんだ!!!!!!!とただただ後悔。でも、流れてくる全てが幸せに溢れていて、尊いものしかなくて、これが優馬くんの勝…

中山優馬ファーストソロコンサート〜勝ち取ってきたすべてが今の君だから〜

ずっと、ずっと待っていたんだ、こんな日が来る事『悪魔な恋』を歌う優馬くんを見て、私は初めて生で優馬くんを見たあの日のことを思い出していました。2009年6月、国際フォーラムで行われたジャニーズJr.の公演。そう、NYCの結成が発表されたあの公演です。…

センター中山優馬とセンター重岡大毅のおはなし

中山優馬くんのファーストソロコンサートの初日を明日に控え、ジャニーズWESTのファーストツアーパリピポの初日が近づいてきたということで、関西の新旧センター中山優馬くんと重岡大毅くんのお話をしたいと思います。この二人は、絶対の安心感があるアイド…

今を生きるアツさをみせろ〜ジャニーズWEST1周年おめでとう〜

ジャニーズWEST1周年おめでとう!!!!デビューするって世界が大きく大きく変わることなんだなって、この1年改めて感じました。 1周年を迎えたいま思うこと。悔しいです!!!!!!悔しい!!!!!パリピポ聴きました!!!!!!悔しい!!!!!! …

中山優馬くんの一万字インタビュー

ジャニーズWESTの一万字インタビュー、最後の淳太くんのを読み終えて全員分読み終わりました。改めて全員分読み返してみて、私は中山優馬くんの一万字インタビューを読み返したくなりました。デビュー前の彼らの話を読んでいると、私はやっぱり、優馬くんの…

担降りというものをしてから約1か月、担降りについて語ります。

小瀧くんに担降りを決めたのは、正直逃げからだったと告白します。元担への想いが強くなり過ぎてしまって、どうすればいいのか分からなくなってしまっていた時に、彼がいました。そう、それがのぞむくんでした。 ここから話すことは、私が見てきたもので、ち…